元素擬人化 第6周期遷移元素

ハフニウムたん

中性子をとらえるのがとくいなので、
その要領を活かしてラクロスをやっている。
ジルコニウムたんとそっくり(らしい)。

タンタルたん(左)

ニオブたん(右)のお姉さん。
パソコンをするのが好き。
ぽーっとしていて、話しかけても反応しないことがある。

タングステンたん

電球の入った提灯を持った、おおかみ娘。
すずたんとなかよくしたがる。
着物の柄は、梨の花。

レニウムたん

高温に強いので、フィラメントや高温用の温度計に。
摩擦に強いのでペン先に。
さまざまな能力を持っているが、ひっこみじあんのため
なかなかその力を見せてくれないのが難点。

オスミウムたん

大きなペンを持ち、結晶状の飾りがついた衣装を着ている。
彼女に近づくと独特の香りがするが、本人はそのことを気にしている。

イリジウムたん

精霊の世界から来た女の子。
おとなしいが、時にがんこな一面を見せる。
人間の世界に来るときにお守りをもらった。
ひとつは、七色に輝く首かざり。
もうひとつは、風の神の力を宿した槍。

今は人間界ではたらいて暮らしている。
「うちの旦那がさー」
とぐちる上司の聞き役になっている。

白金たん

お医者さん。
専門は血液内科で、白血病の治療にくわしい。

金たん

日出国(ひいづるくに)のお姫さま。
やわらかな物腰と、非常時にも動じない冷静さをあわせ持つ。
異国の祈祷術「オーラノフィン」が使える。

水銀たん

足の速い女の子。
金属の元素たんといっしょに遊ぶのが好き。
いつもサンダル。

もどります


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO